【Vol.14】WEBサイトで一番重要なもの!ターゲットに読ませる方法!|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

【Vol.14】WEBサイトで一番重要なもの!ターゲットに読ませる方法!|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

From:和田健

今回は、WEBサイトを作る上で重要なターゲットに読ませる方法についてお伝えします。

前回の【Vol.12】ホームページを作る前にやるべき事!でお伝えした。

あなたの目的は売る事です。売る事に繋げるページ(反応を得る事)

ターゲットを具体的にする。

ターゲットに向けてメッセージを書く

誰に?何を?どう言うか?は一番重要になります。

このような事をお伝えしたので理解できたと思います。

理解して、時間かけてページを作ってもターゲットに読まれなくては意味がありませんね。

そこで、ターゲットに読ませる方法についてお話しします。

 

WEBサイトで一番重要!

WEBサイトの目的は売る事ですね。

そこで必要なページを作ることになります。

見込み客を集める短いページ「スクイーズページ」を用意します。

セールス目的の長いページ「ランディングページ(セールスページ)」を用意します。

それぞれの目的に沿った特徴があります、「必須!ランディングページの重要な7つの要素」こちらをお読みください。

別の機会に「スクイーズページ」と「ランディングページ」について詳しく解説します。

ページで重要なことは、

ターゲットの足を止めて、目で読んでもらう事ですね。

読んでもらわなければ、どんなに素晴らしいメッセージを書いても無意味です。

それは、1ステップ販売(見込み客を集めずに販売)、2ステップ販売(見込み客を集めて販売)でも同じことです。

特に、WEB広告やソーシャル広告を出して、ターゲットがクリックしたら、スクイーズページ(見込み客を集める短いページ)やランディングページ(セールス用の長いページ)に飛ぶようにした場合には、せっかく来たターゲットが読んでくれなければ、広告費が無駄になってしまいます。

 

ターゲットに読ませるには?

では、ターゲットに読んでもらうためにはどうすればいいでしょう?。

それは、ターゲットがあなたのページを「読む理由」を最初に伝えることです。

アメリカでよく使われるこんな言葉があります。「What’s In It For Me?」私のためにそこに何があるの?という質問に答えなければいけません。

この質問に、ページを開いた最初に答えなければいけません。

 

質問に答えるべき大事な部分

この質問、「私のためにそこに何があるの?」をターゲットが判断する部分は、

最初に開いたページ「第1画面」で、

マウスをスクロールせずに見える部分(Above the fold(アバブ・ザ・フォールド))になり、

ページにやってきた、ターゲットは最初に見た部分で読む読まないを判断しており、無意識にこのページは読む価値がある無しの判断をしております。(*デザイン、表示スペードも関係します。)

WEBページにおいては、多くの検証データが上がっているので、リサーチしてみると面白いですよ、、、

これは、WEBだけに限ったことではありません。

例えば、スポーツ新聞なんかは、駅の売店で折り込まれて置いてあります。

この、折り目の上から見える部分の小さな字で書いてるのを見て、続きを読みたいと思わせるかどうかで、売上が大きく変わるとも言われております。

ページの「第1画面」(Above the fold(アバブ・ザ・フォールド))の目的は:そのページに引き込み、続きを読ませる事になります。

 

第1画面(Above the fold(アバブ・ザ・フォールド))

この第1画面は特に重要な部分になります。

この部分には、見込み客の足を止めて、もっと読ませるために必要な大事なものしか置かないことです。

 

必要のないもの

会社名やロゴなどは、あなたの会社やあなた自身が有名でなければあまり意味がありません。

目的によっては、取引先が大手だったらロゴを表示して信頼性を高める等アピールする事はできます。

注意をそらすような、意味のない画像やバナー広告とかフラッシュ動画などは、デザイン的にはカッコイイけど、

目的からそれるので、意味がありません。

逆に、あなた自身の写真や社長の顔写真を挙げると信用が上がり、成約率が上がったという報告もあります。

考えなきゃわからない見出しコピーとかは、見た瞬間に離れて行きます。考えなきゃわからないようなものは、そもそも理解できないですからね。

 

必要なもの

真っ先に目にはいるのは、ヘッドライン(見出し、キャッチコピー)になります。

ところが、ほとんどのサイトがキャッチコピーがありません。

WEBサイトに限らず、全てにおいて、キャッチコピーを置くべきです。

キャッチコピーはCMで流れる気取ったものでは意味がありません。勘違いしないように!

こちらもお読みください。売上があがらない?あなたの強みを伝えて売上を倍増させるUSP!

あなた自身の写真や社長の顔写真

見込み客がこのページを開いた瞬間に読まずにはいられないと、私のためにそこに何があるの?と、わかるページになっているか?です。

私のオススメは、スクロールしなくても伝えられる「意味のある動画」です。

動画については、こちらもお読みください。売れ過ぎ注意!簡単動画マーケティングVSL

 

まとめ

まずページを読む理由を伝えよう

私のためにそこに何があるの?

ページの「第1画面」(Above the fold(アバブ・ザ・フォールド))に意味のない余計なものは置かない

WEBサイトに限らず、全てにおいて、キャッチコピーを置くべき

見込み客がこのページを開いた瞬間に読まずにはいられないと思わせるページになっているか?

よく考えて作りましょう!

 

前回、【Vol.13】永久に無料?オファー!これが提案だ?

次回は、コピーライティングの基礎の基礎をお伝えします。

 

 

ツールプレゼント

アイデアを形にする12ブロックステンプレートをメルマガにてプレゼント!

%ef%bc%91%ef%bc%92%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%99

メルマガ読者全員にプレゼントします。

学習するだけでは意味がありません。

このテンプレートを活用して、あなたがやるべき事を整理して下さい。

メルマガの中にダウンロードリンクを送りますのでご確認下さい。

期間は気分次第です。!

アイデアを形にする12ブロックステンプレートをメルマガにてプレゼント!

メルマガ登録は下記より登録して下さい。
↓ ↓

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X