インフルエンサーを効果的にマーケティング活用する8つの秘訣!

インフルエンサーを効果的にマーケティング活用する8つの秘訣!

あなたはセミナーや講座、書籍で散々学んできたと思います。しかし、行動が伴わずに「何一つ前進していない」とうんざりしていませんか?多くの成功者は、ツールやテンプレートをうまく使いこなして、日々の実践を重ねています。


「これだけは人に教えたくない」という実践者もいるほど、効果が実証されているのがこの『厳選ツール,テンプレートBOX
ノウハウばかり学ばせる間違った成功法則は捨てて、いますぐこのツール,テンプレートで実践することが成功への近道です。

From:和田健

業界への影響力は一日で確立できるものではありません。

見込み客が広告に増々共感をしなくなっている今、自社からの情報発信だけで高い信頼を得ることは困難になっています。そこで、注目されているのがインフルエンサーマーケティングです。

そもそも、インフルエンサーとは、業界において、見込み客に信頼されたオピニオンリーダーのことを言います。

あるリサーチによると、インフルエンサーは、広告の1.5倍の見込み客をリードするという調べもあります。

しかも、インフルエンサーからの情報源で自社ブランドが見込み客に紹介された場合、その信頼度とロイヤリティも高いと言われています。

今日は、そのインフルエンサーマーケティングを成功させる8の秘訣を伝授したいと思います。

 

 インフルエンサーマーケティングを成功させる8の秘訣

 

1.ゴールを設定すること

他のマーケティング戦略と同じで、明確なゴールを設定することが重要です。

リードを生み購入につなげるというのが、もちろん最終的な目的ではありますが、ブランド認知を高める、新規の見込み客にリーチする、デジタルプラットフォーム上でのポジショニングを向上するなどブレークダウンしてゴールを設定することがポイントです。

 

2.どのインフルエンサーを組むか、事前のリサーチをすること

インフルエンサーが業界への影響力を持つからと言え、インフルエンサーのためにブランドがあるわけではありません。

インフルエンサーマーケティングは、ブランドプレゼンテーションとも呼ばれています。

どのインフルエンサーと組むか、事前に十分リサーチし、いくら有名なインフルエンサーとはいえ政治的、倫理的に偏った人と組むのは避けるべきです。

 

3.フォロワーの数とエンゲージメントをリサーチすること

当然ながら、そのインフルエンサーの持つフォロワーの数も1つの指数ではありますが、フォロワーとの関係の深さと質も重要なポイントとなります。

どのようなやり取りが両者の間で行われているのかリサーチすることが重要でしょう。

 

4.量より質のインフルエンサーを選ぶこと

業界のスターインフルエンサーを選ぶのも、もちろん選択肢の一つですが、それにはコストがかかります。

量より質のインフルエンサーを探し出すことも一つのコツです。

例えば、一般のコンシューマーですが、コンシューマー目線で価値の高い情報を提供しており、フォロワーが多いというようなインフルエンサーを探し出せれば低予算でも効果的なキャンペーンとなるでしょう。

 

5.インフルエンサーの創造性に任せること

インフルエンサーは自身のフォロワーのことを一番理解しています。

どんな内容でどんな言葉で表現したら良いのか熟知しています。

自社の考えをおしつけるのではなく、依頼したインフルエンサーの自由な創造性にある程度任せることが最も効果的と言えるでしょう。

 

6.ストーリーを作ること

ナラティブ(物語)で語られるメッセージは、理解しやすいので、見込み客の記憶に残りやすいだけでなく、共感を生みます。

インフルエンサーに伝えてもらうストーリーは、自社の製品やサービスが、見込み客の生活をより便利に、そして快適になるための情報を含んだコンテンツが効果的でしょう。

 

7.インフルエンサーを尊重し協力し合う関係を構築すること

インフルエンサーに、キャンペーンの概要を明確かつオープンに伝えることが重要です。

インフルエンサーは様々なブランドと仕事をしたことがあり、知識も豊富です。

インフルエンサーと率直に意見を交換し合える場を設けること、また彼らのアイデアを前向きに取り入れることがキャンペーンの成功には不可欠でしょう。

 

8.自然に見えること

最も重要なポイントとも言えますが、インフルエンサーマーケティングは「やらせに見えない」ようにしなければいけません。

インフルエンサーが自社ブランドを自ら熱意を持って紹介しているように見えることが重要です。

ですので、彼ら自身の言葉で自社ブランドが語られることが重要ですので、先に述べたようにインフルエンサーの創造性を制限しないようにしなければなりません。

 

 まとめ

 

・見込み客が広告に増々共感をしなくなっている今、自社からの情報発信だけで高い信頼を得ることは困難になっている

・他のマーケティング戦略と同じで、明確なゴールを設定することが重要

・どのインフルエンサーと組むか、事前に十分リサーチし、いくら有名なインフルエンサーとはいえ政治的、倫理的に偏った人と組むのは避けるべき

・そのインフルエンサーの持つフォロワーの数も1つの指数ではありますが、フォロワーとの関係の深さと質も重要なポイント

・一般のコンシューマーですが、コンシューマー目線で価値の高い情報を提供しており、フォロワーが多いというようなインフルエンサーを探し出せれば低予算でも効果的なキャンペーンとなる

・自社の考えをおしつけるのではなく、依頼したインフルエンサーの自由な創造性にある程度任せることが最も効果的

・インフルエンサーに伝えてもらうストーリーは、自社の製品やサービスが、見込み客の生活をより便利に、そして快適になるための情報を含んだコンテンツが効果的

・インフルエンサーと率直に意見を交換し合える場を設けること、また彼らのアイデアを前向きに取り入れることがキャンペーンの成功には不可欠

・インフルエンサーが自社ブランドを自ら熱意を持って紹介しているように見えることが重要

インフルエンサーマーケティングは一筋縄ではいかないかもしれませんが、上記に従ってプランニングすることが、キャンペーンを成功へと導くでしょう。

 

 

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X