お金をかけなくても大ブランドに勝つコンテンツを作る3つの秘訣!

お金をかけなくても大ブランドに勝つコンテンツを作る3つの秘訣!

あなたはセミナーや講座、書籍で散々学んできたと思います。しかし、行動が伴わずに「何一つ前進していない」とうんざりしていませんか?多くの成功者は、ツールやテンプレートをうまく使いこなして、日々の実践を重ねています。


「これだけは人に教えたくない」という実践者もいるほど、効果が実証されているのがこの『厳選ツール,テンプレートBOX
ノウハウばかり学ばせる間違った成功法則は捨てて、いますぐこのツール,テンプレートで実践することが成功への近道です。

From:和田健

 

大ブランドと小ブランドの共通点あるとすれば、両者とも素晴らしいコンテンツを工夫次第で作れるということです。

特にデジタルブランドにおいてコンテンツが重要な役割を果たすということは、以前にもお伝えしたことがありますが、お金をかけなくても、以下の3つのポイントを押さえれば、ブランドの大小に関わらず、見込み客をリードするコンテンツを作ることが可能になります。

コンテンツを制作する前にプランを立てる

コンテンツを計画する際、ターゲット層にとって魅力的な内容であることはもちろんですが、重要なことは検索されるようにすることです。

小ブランドにありがちな過ちは、コンテンツ制作に夢中になり検索されるというところまで、手が回っていないというパターンです。

コンテンツを制作する前に、まずはコンテンツをプラニングすることが重要です。

では、どうしたら大ブランドに勝てるコンテンツを計画できるのか、ポイントを解説します。

大ブランドに勝つための3つのポイント

ポイント1: キーワード戦略を立てる

周知のようにキーワードやフレーズは、見込み客が検索する際に使うものなので、ページにその言葉を入れることで、検索される可能性は上がります。

しかし、キーワードを決めることは、そんなに簡単ではありません。

SEOの最適化には、まずは見込み客が何を欲しがっていて、何をインターネット上で検索しているのかを理解する必要があります。
以下がキーワードを決めるプロセスになります。

A:キーワード戦略のポイント

・キーワードは1ページ1種のキーワード、もしくはフレーズとすること

・そのキーワードは、見込み客の特定のニーズにマッチしたものであること

・フレーズは、その語順にも配慮すること

B:キーワードのリサーチ

・キーワードは感覚ではなく、十分なリサーチをすること

・周りの人たちに、どんなキーワードで検索するか聞いてみること

・ソーシャルメディアを検索してみること

・キーワード検索ツールを使ってリサーチしてみること(例:Googleキーワードプランナー)
ここでも重要なことは、SEOで最適な結果を得るには、キーワードやフレーズを1ページ1つに絞り込むことです。

C: コンテンツにどのキーワードを使うか決める

自社の製品やサービスが検索されるキーワードを選ばなければなりません。

検索率が高くまた他社が使っていない競争率の低いキーワードを選ぶことで、自社サイトへの誘導率を上げることができます。

コンテンツの中でもブログ記事を作るときはこちらの記事もご覧ください。

ブログを読者に惹きつける5つの方法!

 

2.コンテンツの活用方法をかえる

新しいコンテンツを作ることも大事ですが、既存コンテンツの活用方法を変えることも重要です。

A:コンテンツ量のトラフィックを増やす

コンテンツ量が多ければ、トラフィックも当然増えるので、それだけサーチエンジンで表示される可能性も高くなります。

B:価値のあるコンテンツを強化する

過去の情報やコンテンツの中から、人気のあったトピックを改善し、アップデートすることで、コンテンツのインパクトを上げることができます。

C:既存のコンテンツを異なった見込み客に向けて作りかえる

新規に取り込みたい層についてリサーチし、そのセグメントが興味を持つようにコンテンツの見せ方を変えて共感を醸成する。

 

3.コンテンツの嗜好をさぐる

人によって、どのようにして、イメージや情報を受取りたいと思うか異なります。

自社の製品やブランドがどうやったら魅力的に伝わるのかももちろんですが、

例えば以下のどの方法が見込み客にささるか、トライアルエラーをし、そこから最適なものへと注力してシリーズ化することが重要です。

・スライドショー

スライドショーは比較的簡単につくれる上、自社の製品やサービスを理解してもらうのに効果的なプレゼンテーションツールと言えるでしょう。

またLinkedInのSlideShareを使えば、多くの人に見てもらえる可能性も高くなります。

・Pinterestボード

Pinterestは、ネット上の画像を自分の「ボード」に「ピン」して画像をブックマークできるツールです。

今後、日本でも広まって行くポテンシャルが高く、自社の製品やサービスが「ピン」されて広まるように活用する場合は魅力的な画像がポイントとなります。

・インタラクティブコンテンツ

情報を得るのに、インタラクティブコンテンツを好む層にとってクイズなどが効果的でしょう。

・インフォグラフィックス

インフォグラフィックスは、情報を素早く理解することができます。

図式化、イラスト化することで文章だと長くなる情報も分かりやすく魅力的に伝わります。

・ビデオ

文章を読むのが面倒だと感じている層に向けて、ビデオは効果的です。

またYouTubeでの拡散も期待できます。オンラインでの集中力は短いので、ビデオは2−5分にするべきでしょう。

・ウェビナー

ウェビナーは、ウェブ上のセミナーです。

共通言語という限界はありますが、世界中の人達とつながることができ、見込み客と直接コミュニケーションをとるチャンスでもあります。

 

コンテンツを作ったあと、多くの人にみてもらうための施策は下記で詳しくお伝えしています。

→ 集客するためにより速く安く効率よく展開する方法!

 

まとめ

ブランドのサイズにかぎらず、素晴らしいコンテンツを作ることは可能です。

それには、自社の製品とサービスの見込客を理解し、リサーチし、プランを立てることが重要です。

1. コンテンツのキーワードを決めること

2. 既存コンテンツを活用すること

3. 見込み客がどのコンテンツを好むか理解すること

この3つに従ってコンテンツを作れば、大ブランドに勝てるコンテンツを作ることが出来るでしょう。

 

 

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X