小企業にとってブランドって?|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

小企業にとってブランドって?|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

From:和田健

いやー参りました、、、3日間に続く偏頭痛で、パソコンを全く見ませんでしたよ、その間に届くメールは全ゴミ箱行きに、、溜まると読みたくなくなりますよね、、、薬を飲めば痛みから解放されるんですけど、、飲みすぎると心臓に負担がある薬なんで、、なるべくは自然回復に努めようと、、、

体調管理、健康管理には気を配って下さいね。

それでは、あなたのビジネスにブランドが必要かって?

 

ブランドって何?

ブランドを築けば、広告にお金をかけなくてもお客は集まるし、価格競争にはならない、顧客はあなたからリピートし続けてくれるし、いいことばかり。

ところで、あなたに質問です。「ブランドって何だと思う?」

「ブランドってロゴのことじゃないの?」はい、違います。多くの人はブランドを勘違いしています。

わかりやすく言ううとブランドとは、「ファンの数」です。

 

ブランドとはファンの数

「え〜そんなの聞いたことがない」そう思われたかも知れませんが、ブランドとはいかに熱狂的なファンが多いか示すものです。

そう考えるとシンプルであり、ブランドを作るのは難しくありません。

ブランドを作るにはあなたのファンを増やせばいいのです。何も芸術的な、デザインセンスに溢れたロゴやトレードマークはいらないのです。キリスト教の十字架は、ブランドです。しかし十字架が先にあったわけじゃありません。まず熱狂的な信者がいて、そのエネルギーの行き場がないから十字架が生まれたわけです。

つまり、ファンが先で、象徴が後です。だからブランドを作るにはファンつくりをすればいいのです。

 

ファンつくり

ファンクラブの考え方を発展させればいいのです。

あなたのファンになるにはそれなりの仕掛けが必要になります。会員性という仕組みもその一つになります。例えば、「ゴールドクラブ」というステイタスランクを設けました。ゴールドクラブになるには、いくつかの商品を購入しなければならない、つまりファンに認定されるには、いくつもの商品を購入しなければいけないという売上に直結する賢い仕組みができます。

この仕組みを応用させて見込み客からファンになってもらいます。

 

見込み客からあなたのファンへ

例えば、あなたのレポートが欲しくてメルアドを登録した、関係の浅い見込み客には、メルマガ以外にも、会員限定しか手に入らない商品やサービスを提供する。ゴールドクラブなどがあることを複数に渡って告知し、1ヶ月無料で解放することを伝えていくことで、あなたのファンになってくれます。

ここでの目的は個人情報の登録になりますので、100円などのゴールドクラブのオファー

ただしファンになりたいと思わせる動機付けが必要になるので、ゴールドクラブになると他では手に入らない限定商品が貰えるとか、割引クーポンや、高額な情報が手に入るというオファーはとても効果的です。

 

まとめ

ブランドとはファンの数

ファンの属性を分けると

1・お金を払わない薄いファンー0円メルマガ
2・お金を払ってくれるファンー100円会員性メルマガ等
3・お金を頻繁に使ってくれるーランク会員性サイト

コミュニティーをつくるという発想でファンと交流ができるとより発展していくと思います。

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X