Facebook広告は本当に使えるのか?

Facebook広告は本当に使えるのか?

あなたはセミナーや講座、書籍で散々学んできたと思います。しかし、行動が伴わずに「何一つ前進していない」とうんざりしていませんか?多くの成功者は、ツールやテンプレートをうまく使いこなして、日々の実践を重ねています。


「これだけは人に教えたくない」という実践者もいるほど、効果が実証されているのがこの『厳選ツール,テンプレートBOX
ノウハウばかり学ばせる間違った成功法則は捨てて、いますぐこのツール,テンプレートで実践することが成功への近道です。

From:和田健

大学生同士の交流として始まったFacebook、今や世界で10億人以上の人が活用しています。

消費者の購買行動が、店舗からオンラインにシフトしたように、広告も伝統的な広告から、デジタルにシフトしました。

デジタルプラットフォーム上での広告は今後更に3倍の成長を遂げるとも言われています。ですので、ビジネスとしては、どんな製品やサービスを提供していてもFacebook広告の活用を考えるべきです。

今回は、そのFacebook上におけるキャンペーン成功の秘訣を伝授したいと思います

 

 Facebook広告の強み

Facebookは有料広告を未だかつてないほど行っています。実際、広告に接することなくページを使うことは困難なくらいです。Facebook広告のデジタルプラットフォーム上での強みは、その情報量と深さ、そして質の高さにあります。

自然発生的に起る“シェア”により、ユーザーについて必要な全ての情報が集まるようになっていることです。

また、Facebookではネットワーク上のユーザー行動をモニターして、情報が集められています。例えば、ユーザーが「いいね」を押すと、Facebookログがその特定の興味対象を記録します。

これらの情報の活用が、Facebook上でのキャンペーンを成功に導きます。

 

Facebook広告の課金方法

はじめに、Facebook広告はクリックされるごとにコストがかかるということです。

ですので、一見フェイスブック広告を出すのは簡単に思えるかもしれません。

しかしながら、そこから見込み客を顧客にするのは容易ではありません。分析と最適化が必要になります。

 

Facebook広告における2つのメリット

1.ジオターゲティング

ジオターゲティングのジオとは、Geographyつまり地理のことです。

特定のエリアに住んでいる人達をターゲットとして狙うこと、それがジオターゲティングです。その地域に引っ越したての人をターゲットにすることも出来るのがメリットです。
2.興味

このオプションにより、特定のものに興味を持った人にフォーカスが出来るようになります

ですので、関連性のある人達に向けて特定のメッセージを送ることが出来ます。

 

Facebookは、上記のようにロケーションと興味から絞り込んで広告が出来るのがメリットと言えます。

 

 Facebook広告を始める

 

Facebookの広告を始めるには、Facebook.com/adsにまずはアクセスし、マーケティングキャンペーンの目的と、エンゲージメントのタイプを選択、オーディエンスと広告効果を測定する変量を入力します。

 

 Facebook広告の種類を選択する

 

Facebookは、現在11のバリエーションを提供しています。プロモーションを行う、情報を集める、ユーザーをウェブサイトに呼び込むなどです。

これにより、キャンペーンのプロセスが、カスタマイズしやすくなります。

自社のオーディエンスとコンテンツは自身が一番よく理解しているはずです。自社に最適な項目は何か考え、十分な分析をした上で選択するべきです。

 

 自社のページをプロモーションする

 

「ページをプロモーションする」では、パーソナライズされたオプションを入れることが出来ます。

ここでは、広告のバリエーションをいくつかつくって、テストし一番アクセスの高かったものに絞り込むことが重要です。

 

オーディエンスを選択する

オーディエンスを選択することは、キャンペーンを行うにあたり最も重要な要素と言えます。

ですので、注意が必要です。それには、ロケーション、年齢、性別、言語、興味、行動パターン、ネットワーク、コネクションがあります。

 

Facebook広告の予算をつける

どのくらい予算を使うか?いつ使うのか?ビジネスのサイズによりますが、予算は一日¥2,000くらいが最適と言えます。

またFacebookは、クリック数が予算金額まで達したら自動的に広告表示を止める機能もあります。

Facebookの特定のオプションを通じて、広告をいつ表示したいのか、いくらかかるのか明確に知ることが出来ます。

 

Facebook広告がパーソナル(個人的)であること

インターネット上で、クリエイティブな広告をつくることは出来ますが、だからといってそれがサイトへのリードを生むとは限りません。

一番大事なことは、広告が見込み客にとってパーソナルに映ることです。

 

 まとめ

 

・Facebook広告のデジタルプラットフォーム上での強みは、その情報量と深さ、そして質の高さにある。

・Facebook広告はクリックされるごとにコストがかかる。

・特定のエリアに住んでいる人達をターゲットとして狙うこと、それがジオターゲティング。

・その地域に引っ越したての人をターゲットにすることも出来るのがメリット。

・特定のものに興味を持った人にフォーカスが出来る。

・オーディエンスを選択することは、キャンペーンを行うにあたり最も重要な要素。

・ビジネスのサイズによりますが、予算は一日¥2,000くらいが最適。

・一番大事なことは、広告が見込み客にとってパーソナルに映ること。

 

Facebook上のキャンペーンにおいて重要なことは、どのパターンが上手くいったのか、継続的にモニターし、結果に反映し続けることです。

 

 

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X