インターネットビジネス 「マニフェスト」

インターネットビジネス 「マニフェスト」

96%の起業家を倒産に追い込む3つの罠

あなたが自分のビジネスを
すでに持っている、もしくは、
これから起業を考えているのであれば、、

・なぜ、◯◯で起業する方法。
◯◯をやって儲ける方法。
新しい◯◯マーケティング…など、
すでに成果を出した”成功者”から教わったやり方で
ビジネスをスタートしてはいけないか、知っていますか?

・ネット起業における伝統的な教えで、
「起業時にはまず市場を探し、
それから彼らが欲しがっている商品を探してくるか、
新しく作って売れ。」というものがありますが、、
なぜこれが間違ったビジネスの始め方なのか、知っていますか?

・自分の望む収入、仕事、
時間などを手に入れたいなら、、
今よりもっと知識をつけようとすることが
なぜ、起業家の才能をダメにしてしまうか、知っていますか?

(実は、ほとんどの起業家は勉強熱心なことが原因で、
ビジネスの成功から遠ざかってしまっています…)

ほとんどの起業家は最初に、
このような間違ったビジネスの始め方を教えられて
ビジネスを始めてしまうせいで、、

新しくスタートするビジネスのうち
60%は1年以内に倒産し・・・
さらに5年以内には80%が倒産・・・

そして、5年後に年商1億円以上で
黒字になっている確率はなんとたったの、
”4,4%”という悲惨な結果に終わってしまうのです…
(※国税庁の調査データより)

ここをクリックして真実を知る
http://directlink.jp/tracking/af/1403797/nptPvxNt/

しかし逆に、
あなたが正しいビジネスの始め方を
知ることさえできれば、トップ4,4%に入る
ビジネスを作ることができるのはもちろん。
他にも・・・

・最小の労力で最大の成果が得られるようになる、
だけでなく、苦手なことや嫌いなことを
ほとんどしなくてよくなります
(誰かほかの人がやってくれます)…

・優秀な人材があなたの
協力者として集まってきます
(直接雇用の従業員も、外部パートナーも)…

・毎朝、仕事をしたくて飛び起きる。
そんなワクワクする情熱ある
毎日を過ごすことができます…

詳しくはこちらのページで
公開しています。

http://directlink.jp/tracking/af/1403797/nptPvxNt/

正しいビジネスの始め方を知る
(もちろんこれは、既にビジネスを
始めてしまった人にも効果のある方法です…)

インターネットビジネス 「マニフェスト」

[画像]間違ったアウトソーシング法

インターネットビジネス 「マニフェスト」

これは、あなたがインターネットを使った
ビジネスを立ち上げる場合に必要となる
すべての活動を細分化した図です。

一口にインターネットビジネスと言っても
ご覧の通りとんでもない作業量が発生します。

とてもではありませんが、
一人でこれらのすべてをやるなんて
とてもじゃないけど無理ですよね?

遅かれ早かれ、仕事を自分以外の人や会社に
アウトソーシングしていく必要があります。

しかし、ビジネス戦略構築のエキスパート、
リッチ・シェフレンによると
多くの人がアウトソーシングについて
大きな間違いをしていると言います。

インターネットビジネス
「マニフェスト」より引用
=====================
インターネットで成功するには、
あなたは効果的なアウトソーシングの
方法を知らなければなりません。

残念なことに、大半の人のアウトソーシングに
対する考えは間違っています。

それは彼らがアウトソーシングをするときに考える、
一つの質問から発生しています。

その質問とは

「どうすれば、もっとも安く
やってくれるだろうか?」

というものです。

この質問に対する答えは、
たくさんの落胆、フラストレーション、
そして機会損失と頭痛を引き起こします。

それはビジネスを成功させるものが
何かを理解していないからです。

もっとも安い選択肢は、もっとも信頼できて、
素早くて、知識があるような、
ベストな選択肢ではあり得ません。

昔から言われるように、
「安かろう、悪かろう」なのです。

あなたは既に、自分の時間の
価値を理解しているでしょう。

安い選択肢は、あなたが思うよりも、
高いコストが付くのです。
=========================

インターネットビジネス「マニフェスト」
の詳細はこちらから

http://directlink.jp/tracking/af/1403797/nptPvxNt/
※2980円(税抜)→ただ今無料で配布中

実は、仕事を外部に依頼する場合
「アウトソーシング」と「アウトタスキング」の
2つがあります。

そして、アウトソーシング先を探す時に
「どうすればもっと安くやってもらえるか?」
という質問をあなたがする時、

それは「アウトタスキング」の手法を
取っているのだとリッチ・シェフレンは言います。

そして、アウトタスキングでは、依頼する度に作業の質が
下がり続けるというリスクが発生するだけでなく、
結果的にコストが非常に高くついてしまうのだ、と。

では、アウトソーシングとアウトタスキングの違いは何か?
最高のアウトソーシング先を探す時にするべき正しい質問とは?
さらに、アウトソーシングで収益性を10倍にする方法とは?

続きは、こちらのベージからリッチ・シェフレンの
インターネットビジネス「マニフェスト」
を無料請求して確かめてみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1403797/nptPvxNt/

PS.
この商品は実際に2,980円(税抜)で
販売していたものなのですが、、
テストマーケティング期間中につき
今なら無料(送料のみ)でもらえます。

ぜひ、この機会に手に入れてくださいね。

無料(送料のみ)で本をもらう
http://directlink.jp/tracking/af/1403797/nptPvxNt/

著者紹介

 

リッチ・シェフレン

 

ストラテジック・プロフィッツ代表。ビジネス戦略の構築を得意とする米国の起業家。
彼の世界トップレベルのマーケティング戦略は、自らのビジネスはもちろん、数多くのクライアントのビジネスを成長させてきた。

元々、リッチ・シェフレンは、世界5大会計事務所の一つであるアーサー・アンダーセンで戦略企画担当としてキャリアを開始したが、1994年、病気の家族が経営していた潰れかけの服飾店を救うためにアーサー・アンダーセンを退社する。

初めて関わるファッション関連のビジネスだったにも関わらず、売り上げを3年で、約1億5000万円から6億5000万円に急増させる。ちなみにこのファッションビジネスでは、彼の元スタッフがその後プラダの副社長やディーゼルの社長にまでなっている。

その後、催眠療法センターのビジネスを立ち上げ、4年で約7億円のフランチャイズに成長させたあと、インターネット・マーケティングの世界でも頭角を表し、7つの無料レポートを起点にネットだけで35億円以上を売り上げる実績を残す。

ダン・ケネディやジェイ・エイブラハムといったマーケティング界の世界的権威や、グーグルやマイクロソフト、ヤフーなどの大企業からもアドバイスを求められており、他のマーケッターとは一線を画す存在である。

ぜひ、この機会に手に入れてくださいね。

無料(送料のみ)で本をもらう
http://directlink.jp/tracking/af/1403797/nptPvxNt/

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X