中小企業こそブログに取り組むべき理由とは?

中小企業こそブログに取り組むべき理由とは?

あなたはセミナーや講座、書籍で散々学んできたと思います。しかし、行動が伴わずに「何一つ前進していない」とうんざりしていませんか?多くの成功者は、ツールやテンプレートをうまく使いこなして、日々の実践を重ねています。


「これだけは人に教えたくない」という実践者もいるほど、効果が実証されているのがこの『厳選ツール,テンプレートBOX
ノウハウばかり学ばせる間違った成功法則は捨てて、いますぐこのツール,テンプレートで実践することが成功への近道です。

From:和田健

 

最近では、ブログをどの企業も取り入れており、ワードプレスだけでも、4億人もの人が毎月読んでいると言われています。

8千万の新しい記事が作られており、4千400万のコメントと23億のページビューが毎月あると言われています。

 

それにも関わらず、未だに、そもそもブログをするべきかという基本的な疑問を頂いている中小企業の経営者の方も少なくありません。

ブログは自社のビジネスに適していない、もしくは自社の見込み客がブログを読んでいないのではないかとさえ思っています。

 

ブログはどの産業においても効果があるというのが実証されており、特に中小企業においてこそ、ブログの特性が光るといっても過言ではありません。

今回は、その理由をお伝えしたいと思います。

 

新しいビジネスの考え方を提供してくれる

中小企業の忙しい経営者の方々にとっても、なぜブログが大切かというと、ブログを書く事で自身のビジネスについて考える動機となるからです。

情報として価値のあるものをブログに書かなければなりませんので、最新の情報を知り取り入れるきっかけとなります。

日本において、特に士業は過剰供給と言われており、サービスでの差別化が難しいと言われています。

しかも士業の方達が提供するサービスは、企業にとってはコストとみられる部分でもありますので、価格競争になりがちです。

例えばこういった士業の経営者の方が、ブログでこれから起業する人に向けての有効な情報や、経営に役立つ情報を提供することは、士業のブランディングに効果的であり差別化ができるでしょう。

 

マーケティングへの有効性

これは、デジタルマーケティングに少しでも触れた人ならご存じかと思いますが、様々なSEO対策が謳われている中、ブログはSEOにとって今でも十分に有効な手段と言えるでしょう。

その理由としてサーチエンジンは、新しくオリジナルなコンテンツを好み、ブログを定期的に特定以上のボリュームで配信することにより、Web上でのトラフィック(データ量)を占領できるからです。

実際、ブログをしている60%の企業がブログをしていない企業に比べて見込み客を獲得していると言われています。

 

業界での存在感を高められる

ブログを書くことは、積極的に意見を述べることでもあります。

豊富な知識、パーソナルで親しみやすい内容は、サービスや製品の口コミを醸成することにもなります。

特に経営者の方自体がブランドになっているような小企業にとっては、特にブログを行うことは優位になります。

大企業は、確立されたブランドへの信頼から来るものでありますが、小さな企業からサービスを受けることを好む人達は、パーソナルでよりカスタマイズされたアプローチ、つまり担当者が名前を覚えてくれており、過去の履歴から最適なものを勧めてくれることを期待しています。

ですので、中小企業がブログを行うことは、その期待されているパーソナルなアプローチの表明でもあります。

 

専門性をシェアすること

情報が氾濫する中で、見込み客は専門家による説得力のあるアドバイスを求めています。

業界における精通した独自の見解をブログで述べることは、自社の信頼につながり、将来的な購入へのリードが高まります。

 

双方向の会話につながる

ブログは、見込み客がサービスや製品の提供者と直接会話をする機会でもあります。

ブログを始めることは、見込み客が興味のあることについて話す絶好の機会でもあります。

積極的にコメントを受け付けることは、サービスや製品の改善のヒントにもつながります。

 
・会社の理念に共鳴してくれる人材の確保

高齢化社会が進む日本において、中小企業は特に優秀な人材の確保が困難になってきていると言えます。

エージェントに高いお金を払って見つけても、「思っていた仕事内容と違った」と言って辞めてしまう人も少なくありません。

新卒、中途採用にしろ、企業のことを知る情報ソースは9割型、Webサイトからと言っても過言ではありません。

優秀で、自社ブランドに共感してくれる人材からの募集を集めるためにも、ブログは有効な手段と言えるでしょう。

 
・ブログを行う際に注意しなければならないこと

忙しい中小企業の方は、よくブログを外部の一番安いライターに定期的にアップさせているだけの企業も見受けられます。

見込み客は厳しい目で見ています。価値を深堀していない記事は再訪問を妨げるだけでなく、ブランドの信用を損ない兼ねません

 

  まとめ

 

・未だに、そもそもブログをするべきかという基本的な疑問を頂いている中小企業の経営者の方も少なくない

・ブログを書く事で自身のビジネスについて考える動機となる

・サーチエンジンは、新しくオリジナルなコンテンツを好み、ブログを定期的に特定以上のボリュームで配信することにより、Web上でのトラフィック(データ量)を占領できる

・豊富な知識、パーソナルで親しみやすい内容は、サービスや製品の口コミを醸成する

・業界における精通した独自の見解をブログで述べることは、自社の信頼につながり、将来的な購入へのリードが高まる

・積極的にコメントを受け付けることは、サービスや製品の改善のヒントにもつながる

・優秀で、自社ブランドに共感してくれる人材からの募集を集めるためにも、ブログは有効な手段

・価値を深堀していない記事は再訪問を妨げるだけでなく、ブランドの信用を損ない兼ねない

 

ブログはただルーチンで行うものではなく、ビジネス全体のゴールとマッチしているものでなければなりません。

ですので、ビジネス全体の目的を再認識することにも有効でしょう。

 

 

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X