【Vol.35】バナー広告で集客する方法【起業するには,起業失敗,学ぶ】

【Vol.35】バナー広告で集客する方法【起業するには,起業失敗,学ぶ】

From:和田健

今回は、有料でインターネット広告として最も多く使われるバナー広告について

バナー広告はアクセスの多いサイトに掲載料を払ってバナー広告を載せてもらうのが最も一般的です。

このバナー広告はサイトデザインに沿わなかったり、売り込みが強かったりすると非常に嫌われたり、基本的にユーザーからすると邪魔な存在でしかない。

ユーザーは意図しない広告は嫌い、

しかし、売ってもらいたい願望は常にある。ということです。

現在では多くのWEB広告がでておりますが、その中でも最も多く広告費が使われてるのがバナー広告です。WEB広告の戦略の中心は今でもバナー広告です。

 

バナー広告とは

バナー広告は、視覚的要素が強く、テキストのみの広告とは対照的に、ディスプレイ広告とも呼ばれます。

一般的に、画像で作られたりします。最近は動画も増えつつあります。

バナー広告には、

ステックバナー広告
シンプルな画像で構成されております。

アニメーションバナー広告
画像をアネメーションのように動かすことで目立たせることができます。(ユーザーには嫌がられます)

動画バナー広告
動画を使ってブランディング効果を高めてくれます。

バナー広告を展開するには

Google AdwordsやYahooディスプレイネットワーク、その他のディスプレイネットワークでバナー広告キャンペーンをすぐに始められます。

 

バナー広告の目的

バナー広告は掲載したサイトに訪れたユーザーがクリックすると意図したサイトに飛ばすことで、トラフィック(アクセス)を増やすことを目的としております。

バナー広告には、

1ブランディングーあなたの商品やサービスの認知向上が可能になります。

2リードジェネレーションーバナー広告をからスクイーズページ、ランディングページに飛ばしてユーザー登録、商品サービスを試してもらうことができます。

3リターゲティングーあなたのサイトに訪れたユーザーが、登録してない場合は、バナー広告でりターゲティングできます。

一般的に、バナー広告はアクセスの多いサイトに掲載されます。

しかし、アクセスの他に考慮すべき点は他にもあります。それは、あなたが理想とする見込み客とマッチしなければいけません。

その為、業界のニッチなサイトに広告を掲載する事をオススメします。

 

メリット

一気にアクセスを稼げる事でビジネスを拡大できる。

効果測定が容易にできる。

バナー広告の主な指標はクリックスルー率(CTR)です。クリックスルー率は広告をクリックしたユーザーの数を広告が表示された回数(インプレッション数)を割ったものです。

したがって、クリックスルー率(CTR)が高いほど、効果的な広告といえます。

 

デメリット

お金がかかる。ヤフーなどの大手に掲載すると何百万円以上の予算がかかる

顧客獲得単価(CPA)が高い

あなが理想とするターゲットがいるサイトをみつけるのに時間がかかる

 

効果的なバナー広告

バナー広告を作成するのにプロのデザイナーになる必要はありません。今では誰でも簡単に作れるようになっています。

あなたがインターネットの環境とパソコンさえ用意できれば、、、

Bannersnackを使うと専門知識がなくても簡単に作れちゃいます。

その前に、理解しておかなければいけない原則がいくつかあります。

1あなたが理想とする見込み客は誰ですか?
ーまず、あなたがターゲットにした見込み客を知る必要があります。

2あなたの見込み客はなにを求めていますか?
ー商品を購入したいのか?商品サービスを試してみたいのか?

3あなたの価値提案ベネフィットは何ですか?
ーベネフィットを書き出すことで、バナーのキャッチコピーに役立ちます。

4サイズ別に用意する
ーサイト運営者によりサイズが違ったりして制限がかかる場合があります。適正なサイズを用意する サイズデザインの参考はこちらを

5高品質の写真を用意する
ー写真の品質が低いとユーザーの54%は信頼できないと答えてる為、クリックされない

6ブランドカラーを使う
ーあなたのブランドを認知させたい場合はブランドカラーを使うことです。

7バナー広告を複雑にさせない
ーシンプルすることでメッセージは伝わりやすい

8読みやすいフォントを利用する

 

ポイント

バナー広告は顧客獲得単価(CPA)が高くなるため、掲載する前に、

・スクイーズページやランディングページといったサイトの成約率を高めとく必要がある。

1バナー広告→スクイーズページ

2バナー広告→ランディングページ

3バナー広告→サイト検索→サイトTOPページ

・バナー広告からの導線をよく考える。イメージギャップがないように

バナー広告からリンクで飛んだ先、スクイーズページやランディングページのイメージギャップが無いように考える。

3はバナー広告をクリックしないユーザーでも、興味を持った方は運営者を検索するので、その際に訪れたTOPページにバナー広告を用意しとく、TOPページとバナー広告のイメージギャップが無いように考える。

・利益がでるようにビジネスモデルの構築セールスプロセスの構築をする。

*画像バナーよりも動画バナーの方がクリック率は断然高い。

 

まとめ

目的

1ブランディングーあなたの商品やサービスの認知向上が可能になります。
2リードジェネレーションーバナー広告をからスクイーズページ、ランディングページに飛ばしてユーザー登録、商品サービスを試してもらうことができます。
3リターゲティングーあなたのサイトに訪れたユーザーが、登録してない場合は、バナー広告でりターゲティングできます。

メリット

一気にアクセスを稼げる事でビジネスを拡大できる。
効果測定が容易にできる。

デメリット

お金がかかる。
顧客獲得単価(CPA)が高い

効果的なバナー広告

1あなたが理想とする見込み客は誰ですか?
2あなたの見込み客はなにを求めていますか?
3あなたの価値提案ベネフィットは何ですか?
4サイズ別に用意する
5高品質の写真を用意する
6ブランドカラーを使う
7バナー広告を複雑にさせない
8読みやすいフォントを利用する

ポイント

・スクイーズページやランディングページといったサイトの成約率を高めとく必要がある。
・バナー広告からの導線をよく考える。イメージギャップがないように
・利益がでるようにビジネスモデルの構築セールスプロセスの構築をする。

*画像バナーよりも動画バナーの方がクリック率は断然高い。

 

次回はメルマガ広告で集客する方法!

前回は【Vol.34】無料でアクセスを集める方法!SNS編

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X