【Vol.1】なぜ、1億円なの? 戦略プロセスの基本|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

【Vol.1】なぜ、1億円なの? 戦略プロセスの基本|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

From:和田健

オリンピックも終わっちゃいましたね。選手たちのがんばりに、感動をありがとうと言いたい。いよいよ夏休みの終わりが近ずいてきました、子供と遊びすぎて、さすがにバテてしまい、昨日は休んでしまいました。まだまだ暑いので、夏バテしないように頑張りましょう!。

起業〜1億円の軌跡講座として、

全55回に渡ってお伝えしていく予定です。

この講座は、2016年期間限定での公開になります。

インターネットビジネスでは特に効果の高いダイレクトマーケティングの基本プロセスをお伝えして行きます。

年商3億円、年収3千万以下の経営者の方は、読む事をオススメします。

インターネットビジネスでは特に効果の高いダイレクトマーケティングの基本プロセスをお伝えして行きます。

これから起業しようと考えてる方や、起業してなかなか1億円を突破できない方や、1億円以上売り上げても、利益が残らない、そんな方には実践して欲しいプロセスになります。

それでは、これからシリーズとしてお伝えして行きます。

 

 

ほとんどのビジネスが年商1億円以下

多くのビジネスはほとんどが1億円以下なんです。

80/20の法則に当てはめると、よくわかります。日本の実に99.7%が中小企業であり、小企業の割合は87%であります。(参考:中小企業白書

あなたも1億円を超えたいと思ってるでしょう。

では、なぜ1億円を超えないのか?

それは、年商規模、ステージによって、やるべきことが違うからなんです。

 

ビジネスステージとは?

ビジネスを年商規模、ステージごとに分けると、

0〜1億円(乳児期):セールス販売に力を入れる

1億〜10億(小児期):商品開発、マーケティングを素早く行う

10億〜50億(青年期):マネジメント/組織/システム化

50億〜 (成人期):ビジネスが自動で成長できるように目指す。

 

*乳児期の段階では、徹底的にセールスに力を入れる。

参考:マイケル・マスターソン/大富豪の起業術

 

ステージによって力を入れる所が違う

多くの成功者の本や手法があります。

しかし、それはあなたのビジネスステージに合ってないのかもしれない。

単なる、再現性の低い、成功体験談をノウハウにしたものかもしれない。

そこで、今回は0〜1億(乳児期)を対象にした、セールスに力を入れるに特化する。

言わば、儲かるセールスプロセスについて、お伝えして行こうと思っております。

 

セールスプロセスを作る

1、セールスプロセスを作る

2、オファーと商品サービスをできるだけ多くの人に見せることをする。

 

シンプルなセールスプロセス

1、見込み客を集める → 低額商品の販売 → 利益商品の販売 スクリーンショット 2016-05-14 14.02.41

1億円までは、この流れを改良していきながら行う。

もちろんインーターネットだけに頼らず、オフラインを同時に使うと効果的である。

DM/TEL/来店/FAX/セミナー/インターネット

複合的にセールスを行うことを考える。

 

 

このように、シンプルなセールスプロセスを作り、改善、最適化を図りながら、繰り返し、セールスを強化していく。

*無料Ebook1億円までのセールス戦略

 

まとめ

乳児期における、1億円までのプロセス、やるべきことを、今後ステップ・バイ・ステップでお伝えしていきます。

1、セールスプロセスを作る

2、オファーと商品サービスをできるだけ多くの人に見せることをする。

3、見込み客を集める → 低額商品の販売 → 利益商品の販売

1億円までは、この流れを改良していきながら行います。

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X