Web集客が売り上げに繋がらない最大の原因?

Web集客が売り上げに繋がらない最大の原因?

あなたはセミナーや講座、書籍で散々学んできたと思います。しかし、行動が伴わずに「何一つ前進していない」とうんざりしていませんか?多くの成功者は、ツールやテンプレートをうまく使いこなして、日々の実践を重ねています。


「これだけは人に教えたくない」という実践者もいるほど、効果が実証されているのがこの『厳選ツール,テンプレートBOX
ノウハウばかり学ばせる間違った成功法則は捨てて、いますぐこのツール,テンプレートで実践することが成功への近道です。

From:和田健

 

キャンペーンやプロモーション広告のおかげでWebサイトに訪れる人数がせっかく増えたにもかかわらず、そこからなかなか実際の商品やサービスの購入へと結びつかないという経験はありませんか?

 

本日はそうした問題を解決する顧客ターゲティングをご紹介したいと思います。

 

現在アメリカのオンラインビジネスでは、例えそれがどんなローカルな企業であっても、顧客ターゲティングをするのが一般的です。

顧客ターゲティングというと、非常に難しいノウハウかのように感じますが、非常に簡単なものです。
例えば、あなたがAmazonのWebサイトを見ると、自分の購入履歴にも基づいておすすめ商品を紹介されたことはありませんか?

顧客ターゲティングとは、つまりそうした顧客ごとにターゲットを変えて(パーソナライズ)マーケティングをしていくことです。

 

 顧客ターゲティングとは?

 

顧客の購入履歴やデータを使用して購入率を増やすこうしたマーケティングには、いくつかのタイプがあります。

 

コンテンツパーソナライゼーション

訪問者の特定のニーズに合わせてWebサイトのコンテンツをパーソナライズします。

例えば、オンラインショッピングの際に、靴を購入した人にジーンズを勧めた場合、単純に靴を推奨した場合と比べて40%程度上昇します。

 

では、顧客別にどのようなコンテンツをパーソナライズ(顧客ごとにマーケティングの内容を変える)すればよいでしょうか?

具体的には、以下の内容を顧客ごとに変えるべきです。

・製品のおすすめ情報

・組み合わせで一緒に購入される製品の情報

・以前に顧客が購入したことのある製品の情報

 

コンテンツパーソナライゼーションは基本的には、外部のソフトウェアを利用しなければ、素人の方が実践することは非常に難しいです。

ただし、だからこそあなたが競合となる他社よりもこのコンテンツパーソナライゼーションに力を入れることで差別化することができます。

最近視聴した人に関連するコンテンツを表示することです。

 

リターゲティング

これまでにあなたのWebサイトを訪問した者に対して、広告を表示して再度Webサイトに誘導する広告の一種です。

リターゲティング広告は、「訪問者が最後に閲覧したURL」「滞在場所」「閲覧回数の多いコンテンツ」などをベースにして、どの顧客にどの広告を出すかを決めています。

 

リターゲティングに最も適しているといわれているのがフェイスブックです。

フェイスブック広告を利用すれば、広告の出稿者はさほど難しくなくパーソナライズすることができます。

また、フェイスブックはオンライン広告の中でも非常に安価であることも適している理由です。

 

ターゲット別メール

メールを使ってマーケティングを行う場合、全員に一斉送信するのではなく、顧客別にメールの内容をかえるのが一般的です。

また同じ顧客層であっても、一律に同じ内容を送るのではなく、文面やキャンペーンの告知方法を少し変えたりする(これを専門用語では「A/Bテスト」といいます)などして、どのメールが一番効果的かを測定することが可能です。

 

ターゲット別メールは以下のステップで行うのがおすすめです。

 

・ターゲット別の顧客リストを作成する

保有している顧客のデータを使用して、どのような顧客層がどのような商品に興味があるのかを分析し、リスト化します

 

・顧客セグメントごとにキャンペーンを考案する

ターゲット顧客の興味やニーズに合わせて、どのようなキャンペーンが有効かを考えます

 

・キャンペーンを実施し、分析する

ここが最も重要なステップになります。
実際にどのようなキャンペーンで、どのような文面のメールを配信するのが最も効果的かを測定していきます

 

 

このターゲット顧客別にキャンペーンを打ち出す方法はデータの分析が必須であり、分析データがあまりない最初のうちはそこまで大きな効果が見込めないかもしれません。

ただし、地道に続けていくことでどのような顧客にどのような商品が望まれているかが次第に明確になり、長期的にはキャンペーンに頼らずとも売り上げを上げることが可能になります。

 

 まとめ

  • 顧客ごとにあった商品を紹介できるようにするのが顧客ターゲティング

  • 顧客ターゲティングを使うことで、より効率的にマーケティングができる

  • 顧客ターゲティングは大きく分けて3タイプある

    コンテンツパーソナライゼーション

    リターゲティング

    ターゲット別メール

 

顧客ごとにマーケティング方法を変えることは非常に大変だと思われがちですが、その効果は非常に大きいものがあります。

しかし、それを地道に続けることのできる経営者の方は多くありません。

だからこそ、継続的に顧客ターゲティングを活用してビジネスを拡大させよう。

 

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X