【7つの習慣】インサイドアウトという概念

【7つの習慣】インサイドアウトという概念

 

この動画では「7つの習慣」の前に意識すべき「インサイド・アウト」という概念を、あなたに完全にマスターして頂き、成功への第一歩を踏み出して頂きます。

エンドさんの動画をご紹介します。 
エンドさんのブログもご覧下さい。
 ↓ 
【公式ブログ】
  http://salaryend.com

インサイドアウトをマスターすることで、物事の捉え方が一変し昨日までとは全く違う視点で物事を捉える事ができるようになります。

インサイドアウトは例外なく成功者が実践している概念です。
確実にマスターしてみてください。

では、さっそく解説していきます。

覚えておいて下さい。

私たちは、世界をあるがままに見ているのではなく
私たちのあるがままに世界を見ている。

私たちは、世界をあるがままに見ているのではなく
私たちのあるがままに世界を見ている。

私たちは世の中の物事を全て自分を基準として都合のように見ており
自分の基準で物事を「いいこと」「悪い事」を判断しています。

そういう人はいつでも「できなかった理由」を人のせい、環境のせいにするのです。

いや、自分は大丈夫。
そんなことはない。

と思われた方は優秀です。
どれだけ自分を客観的に見れる人間であっても、事象を自分が見たいように見ているという呪縛からは逃れられないのです。

インサイド・アウトとは全ての問題は自分の中にあり
自分が変わらなければ、周囲も変わらないという考え方のことである。

人のせいや環境のせいにした瞬間、そこで自分自身の成長が止まってしまうという発想からきています。

仕事で失敗すれば、職場の雰囲気や上司のせいにする。
食事会での会話が盛り上がらないのはそこに出席しているメンツのせいにする。

こうして相手を責める事で、ますます周囲から避けられて成長の機会を逃してしまうのです。

インサイドアウトをマスターするためには、パラダイムシフトをする必要があります。
パラダイムとは世の中の物事を見るときに基準となる考え方のことです。
それをシフト、変える必要があるのです。

自分が正しい、相手が間違っているというパラダイムを持ち続けているうちは何も変わらないのです。

では、どのようなパラダイムを持つべきなのかですが、7つの習慣では原則に基づくパラダイムを持つべきだと明言しています。

原則とは、国や時代を超えても誰もがその価値を認めるもの。
具体的には公正さ、誠実、勇気などを指します。

成功するためには自分の内面、つまり考え、見方、人格、動機が原則にあっているかに気をつけ、行動を変える事で結果を引き寄せようとする意識が大切です。

人は誰しも、過去の経験や知識を参照し、世界を見ています。
しかし、ごく一部の成功者のみがインサイドアウトを実践し、成功をおさめています。

あなたもこのインサイドアウトを実践し、成功への第一歩を踏み出しましょう。

次回は7つの習慣の1つ目「主体的である」をお送りします。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

Ebookを限定でプレゼント!

Ebookをプレゼントしておりますので、是非手にしてあなたのビジネスに参考にして下さい。これ読まないと損をしますよ!なぜなら、、、、

こちらからダウンロードできます。

↓   ↓

無料で教材プレゼント
画像
をクリック

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X