【Vol.5】簡単に売上を増やす方法!FE・BEの仕組み|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

【Vol.5】簡単に売上を増やす方法!FE・BEの仕組み|【起業するには,起業失敗,学ぶ】

From:和田健

想像以上にハードだ!、何かと言いますと、実は長男の自由研究のテーマは急遽、「東京を走る電車」に決まり、電車好きの長男のお手伝いで、4日間、仕事を休んで電車の写真を撮りまくってきました。その数、現在まで89車両、、階段登って降りて走ってと、、、、体力が、、、これに付き合う5歳の次男も体力があるわ、、、本日も、電車の写真を撮りに行ってきま〜す。

それでは、本日第5回、FE(フロンドエンド)とBE(バックエンド)の仕組みについて、、、

ダイレクト・レスポンス・マーケティングのセールスプロセスを作る上で、とても重要な部分になります。

しっかりと、頭に入れておいて下さい。

それでは、始めたいと思います。

 

FE(フロントエンド)

フロントエンドとは、フロントエンド商品のこと

フロントエンドは集めた見込み客に対して、最初に売る為の商品のことです。

目的は顧客を獲得するため。

集めた見込み客から、あなたの顧客に転換することが目的であります。

よって、利益を得るためのものではない。

フロントエンドは、顧客との関係をスタートさせる。始めの一歩

 

フロントエンドの特徴

出来るだけ多くの顧客を獲得することが目的ですので、

売れるものを用意します。

一般的には、手に届きやすい、安いもの

どういうことかと言うと、利益ゼロで顧客を獲得する

例えば、利益1,000円の商品にマーケティングコストを1,000円掛けると、利益はゼロになる。

フロントエンドは利益を出さない方がよい、

むしろ、赤字になれば、なるほど良い。

その方が、目的である多くの顧客を獲得できる。

では、利益ゼロで、どのようにして利益を出していくのか?

それが、

 

BE(バックエンド)

バックエンドとは、バックエンド商品のこと

フロントエンドで購入した顧客に、次に売るためのもの。

バックエンドの目的は、利益を得る

顧客に対して売るので、しっかりと関係ができてるので、売りやすいという特徴があります。

 

ありがちな失敗

多くのビジネスの失敗は、

一番最初のセールスが最も難しいんですね。

その為に、時間や広告といったコストが多く掛かるわけです。

それで、掛かったコストを取り戻したい一心で、

そこで、利益を得ようとするんです。

だから、厳しくなるんです。

ほとんどのビジネスはバックエンドがない。

大体このパターンが多い、

今は利益が出ているが、後で、競合が増え、広告予算が上がり、やがては衰退していく、、、

 

フロントエンドとバックエンドの仕組みを作る

スクリーンショット 2016-08-30 13.02.47

始めに、フロントエンドとバックエンドの仕組みを作っておくと、案外上手く行きます。

最初にかける予算を見込み客から顧客に転換することを考える。

多くの顧客を獲得する。フロントエンド商品を用意する

関係ができた顧客に対して、利益を得るための、バックエンド商品(メイン商品)を売る。

関係ができた顧客には、売りやすいし、広告などのコストもかからない。

今、あなたが売ってる商品が、フロントエンドなのかバックエンドなのかを一度考えてみるといいかも、、、

あなたの商品が安くて売れてるとしたら、何かと組み合わせて、フロントエンド商品を用意したら、もっと多くの利益を得られるかもしれないです。

逆に、あなたの商品が高くて売れないのなら、フロントエンド商品を用意すると、もっと売れやすくなりますよ、、、

 

簡単に売上を増やす方法

あなたが売ってる商品のデラックス版を用意する。

極端な話しをすると、

1,000万円の商品を10人に販売すると、それだけで1億円は達成できる。

高額商品を用意するといいです。

あなたのビジネスの利益は顧客上位20%から得ているということです。

もっと言うと、残りの顧客80%分の利益は上位5%から得ているということです。

つまり、上位5%ないし、20%は高額商品を買ってくれます。

参考:80:20が生み出すセールスシステム

参考:客単価をアップする方法,80:20の法則

 

まとめ

フロントエンド商品=多くの顧客を転換

バックエンド商品=利益を得るための商品

高額商品を用意する!

 

 

 

会員限定トップマーケター・ラボで使う。厳選ツールBOX…

苦労したい人は ダウンロードしないでください。!

コメントを残す

コンサルティングで使う.ツール配布中!★★★
X